So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2013年06月 |2013年07月 ブログトップ

キアヌ・リーブスさんが激太りから、スリムな体型に元通り!? [ダイエット]

キアヌ・リーブスさんが激太りから、スリムな体型に元通り!?

2013年6月20日、米俳優キアヌ・リーブスが初監督映画「Man of Tai Chi」(中国語タイトル:太極侠)のキャンペーンで、北京市を訪れたました。

なんとあの世界中を驚かせた激太りから一転、

かなりスッキリした姿に戻っています。


20130621-00000022-rcdc-000-0-view.jpg


こんなダイエット法でも試したのですかねw⇒【男専用フィットネス】筋トレなしでもカッコよく踊って『痩せる』『モテる』男のためのダイエットエクササイズ!ストリートダンスFIT


5月に開催された第66回カンヌ国際映画祭で同作のPRに登場した時は、

あまりの激太り姿で世界中を驚かせましたが、それから1カ月の間にダイエットしたようですね。


a8c90bdfa58eaa2b976fbcf4febf48818f6c448d1370013637.jpg


一体どんなダイエット法を使ったのでしょうか?


かっこ良くなりたい男子必見です。⇒【男専用フィットネス】筋トレなしでもカッコよく踊って『痩せる』『モテる』男のためのダイエットエクササイズ!ストリートダンスFIT



筋トレって毎日やればいいの?効果の出るペースは? [筋トレ]

筋トレってどのぐらいのペースでやるのが、いいのでしょうか?

毎日?一日置き?週3回から4回?週1回?

毎日やると筋肉が萎縮してしまい逆効果になることもあるらしい。

運動指導のガイドラインとしても、週3回から4回の有酸素運動や筋力トレーニングを行うのが理想ではありますが、実際にやるのは難しかったりします。


仕事をして、家庭もあり、人づき合いもあります。そのほか、趣味や習いごとを行われている方もいらっしゃるでしょう。

今まで運動していなかった方が、週3回から4回筋力トレーニングを行うのは、とてもハードで疲れがたまります。

上記に挙げたような理由から考えると、筋力トレーニングに週3回、4回の時間を割ける方は少ないのではないでしょうか。

そういった点を踏まえ、現実的に、筋肉トレーニングでボディメイクを行うには、どれくらいのペースが良いのか。その答えは、


 「あなたの日常生活に無理なく取り組める頻度で行うこと

それが、賢い身体づくりの専門家としてのアドバイスになります。

つまり、「週1回、多くて2回」が理想的ですね。運動生理学的な視点からみても、「筋力トレーニングによって傷ついた筋肉の回復」のためには「24時間から72時間の休養」が必要とされています。


ここでいう筋力トレーニングというのは、10回をぎりぎりで持ち上げられる重さで2から3セット行うようなレベルを指します。

軽負荷・高回数のトレーニングはまた別に考えなくてはなりません。

つまり、「筋肉をかなり追い込むような筋力トレーニングの場合は、2日から3日の休養が必要」という考え方になってくるのです。


 部位別に考えることもできます。スクワット、デッドリフト、ベンチプレス、ベントオーバーロウなどで鍛えることができる大きな筋肉は、回復に時間がかかると言われています。

腹筋や力こぶ二の腕などの比較的大きくない筋肉は、回復が早いので毎日行っても良い場合もあります。

 週1回は維持。週2回から3回で向上。という考えもありますが、私のパーソナルトレーニングを受けて頂いているお客様の多くは、週1回のトレーニングで、着々と筋力が上がっています。

 毎日行う場合は、

 1:2日間続けて同じ部位はトレーニングしない

 2:その日その日で鍛える部位を分けて行う

 3:筋トレの効果を引き出すために大切な栄養と休養もしっかりとること

 などのポイントが、とても大切です。

 栄養面や肉体的・精神的な休養面から考えても、無理に「週3回から5回」という高い目標や理想を掲げて途中で挫折してしまうより、

「週1回」からはじめて余裕が出てきたり、体力がついてから、もう1日増やすという方が賢い選択だと思います。

無理せず自分のペースで筋トレを行なって健康な体をつくっていきましょうね♪

ところで、こんなダイエット法もあります!⇒【男性版】REBOL PERFECT DIET 理想の体を作る60日間の筋トレダイエット

メタボでビール腹の31歳男性がたった18日で−10Kg痩せた筋トレダイエット、モテBODYの作り方教えちゃいます


【男性版】REBOL PERFECT DIET 理想の体を作る60日間の筋トレダイエット

一度見てみてくださいね!

やせ体質作る“ベトナム式ダイエット” [ダイエット]

やせ体質作る“ベトナム式ダイエット”食ルール6

ベトナム・サイゴン生まれの農学博士で筑波大学・SHTP特別顧問のボー・バン・タン先生が推奨『ベトナム式ダイエット』。

今回は、やせ体質を作る“ベトナム式ダイエット”の食ルール6カ条を先生に教えてもらいました。

ルール1 食事の最初に酸っぱいスープ
ベトナムのレストランで食事を注文すると、必ずスープがついてきます。

そのほとんどが酸っぱいサワースープ

食事の最初に飲むと美容効果が発揮されます。

胃腸の負担を助け、食べすぎを防ぎ、腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やすので美腸スープといってもいいくらいです。

ベトナムではタマリンドやトマトの酸味を使いますが、酢でも代用できます

ルール2 発酵調味料・発酵食品を使う
私たちの体に必要不可欠なのが酵素

食べたものを消化吸収する消化酵素、そして神経伝達や細胞分裂などあらゆる活動を支える代謝酵素。

こうした酵素を食べ物から補うことが大事なのです。

世界には酵素たっぷりの伝統的な発酵食品がたくさんあります。

ベトナムのニョクマム、日本のしょう油、イタリアのアンチョビなど発酵調味料や発酵食品を積極的に食べて代謝を活発に

ルール3 ラップ&ディップで野菜をたっぷり
ベトナム料理といえば『生春巻き』を連想する人も多いでしょう。

野菜にハーブ、ボイルした鶏肉やエビをライスペーパーで包み込んだものです。

ニョクマムを使ったタレをつけて食べます。

生の野菜やハーブには植物の持つポリフェノールや酵素が豊富です。

脂肪のタンパク質も一緒に発酵調味料を使ったタレでいただくのですから、最上の健康美容食です

ルール4 肉の脂は加熱して落とす
ベトナムと日本の食で特に違うのは油脂の量です。

油の消費量を見ると日本ではベトナムの約4倍もの油が使われています。

ベトナムでは肉を調理する前にゆでたり蒸したりして油を落とす下ごしらえの習慣があります。

タンパク質を消化器官に負担をかけずに効率よくたくさん取り入れる昔から伝わる知恵なのです

ルール5 ウコン・唐辛子・シナモンをセットで
日本や中国に漢方の処方があるように、ベトナムにも『南方医学』という伝統医学があります。

この処方の一つに『ウコン、唐辛子、シナモン』を一緒に使うというものがあります。

ウコンは胃腸の潰瘍を修復します。また肌のシワを予防します。

唐辛子は美肌と温熱、美髪効果で知られています。

またシナモンにも健胃、発汗、温熱効果などの健康効果がたくさんあります 


ルール6 ハーブや香味野菜をたっぷり
昔から食べられてきたハーブや香味野菜には、体に有効な成分が多く含まれています。

近年ポリフェノールとして注目を集め、サプリメントなどもたくさん出ていますが、新鮮な生のものに勝るものはありません。

特にベトナムハーブのコリアンダーバジルレモングラスミントには女性のボディラインを美しくするうれしい効果がいっぱいです

是非試してくださいね。

ところで、実は週末の48時間だけでお腹周りが7センチも減らす方法があるのです

それは腹痩せ最速メソッド ウエストスリム48です。

気になる方はぜひご覧になってください

腹痩せ最速メソッド ウエストスリム48

-|2013年06月 |2013年07月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。